睡眠のことなら睡眠促進.com

うつ病と不眠症の関係とは? | 睡眠促進.com

うつ病
<PR> ネムリス-nemlis

 

 

 

うつ病や自律神経失調症患者さんのおよそ9割
眠れない、眠りが浅い、朝早く目覚めるといった不眠症の症状を訴えます。

 

 

副交感神経の機能が正常に働かなくなるため、不眠症を発症します。

 

 

 

うつ病の原因の一つとして、セロトニンの減少が挙げられますが、
このセロトニンは睡眠にも影響を及ぼすものなので、不眠症にも繋がっていきます。

 

 

 

不眠症からうつ病を発症する、うつ病から不眠症を発症するケースもあり、
うつ病と不眠症には密接な関係があることがわかります。

 

 

 

不眠症には3つの種類があります。

 

 

@入眠障害(入眠困難)

 

 

A中途覚醒

 

 

B早期覚醒

 

 

上記、1つだけ当てはまる方もいれば、3つとも当てはまる場合もあります。
特に3つ当てはまる方は早めの治療が必要です

 

 

うつ病を伴った不眠症の場合、睡眠薬などもある程度効果はありますが、
抗うつ剤などが必要なケースもあります。

 

 

心配な方は病院で診断してもらうことをお勧め致します。

 

 

軽度の不眠症の場合、睡眠サプリで睡眠促進をすることをお勧めします!

 

 


 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ