睡眠のことなら睡眠促進.com

睡眠雑学

世界中で睡眠に関する研究が行われており、思わず「へ〜」と言ってしまうような
睡眠に関する情報があります。今回は一部ですが睡眠の雑学を紹介いたします!

 

@年齢別に推奨される睡眠時間が異なる!?

 

アメリカの専門機関で調査された結果では年齢によって
推奨される睡眠時間が異なるという結論が出たようです。
以下が研究結果です。

 

0〜3ヶ月: 約15時間
4〜11ヶ月:約13時間
1〜2歳: 約12時間
3〜5歳: 約11時間
6〜13歳:約10時間
14〜17歳:約9時間
18〜25歳:約8時間
26〜64歳:約8時間
65歳以上:約7時間

 

A動物でも睡眠時間は異なる

 

コアラ:20時間
ライオン:15時間
ハムスター:14時間
猫・犬:13時間
パンダ:10時間
ウサギ:8時間

 

B午後3時のおやつは実は眠気覚ましだった?

 

昼ごはんを食べた後、午後2時、3時くらいによく眠くなる方もいるかと思います。
要因としては昼食で食べたものを消化する際に、副交感神経が現れリラックス効果が出るため
と言われております。ヨーロッパなどでは昼寝をよくないものをする文化があり、
眠気覚ましのために丁度眠くなる午後3時におやつなどを食べていたそうです。
その文化が日本でも定着したものと思われます。

 

C睡眠禁止の時間帯があった!?

 

人は眠ろうと思っても眠れない時間帯があります。
それは19時〜21時です。

 

実はその時間が1日で一番身体が活発に動く時間帯のようです!
深部体温も高くなっているため、眠気はあまりない状態です。

 

健康な人の眠気のピークはご飯を食べて大体3、4時間くらい経った後の
16時と22時あたりに来ますが、夜の眠気のピークの少し前は眠れない時間帯
となりますので、無理に寝ないようにしましょう。


 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ