睡眠のことなら睡眠促進.com

睡眠薬・睡眠導入剤・睡眠サプリの違いとは?

睡眠サプリ
photo credit: photolibrary

 

睡眠不足や不眠症だという方は年々増えてきています。
そんな状況を改善するために、「睡眠薬」や「睡眠導入剤」、「睡眠サプリ」に頼る人も併せて多くなってきています。

 

 

では、「睡眠薬」、「睡眠導入剤」、「睡眠サプリ」の違いは何なのでしょうか。

 

 

医学的な分類

 

睡眠薬:医療用医薬品なので、病院でしか買えない
睡眠導入剤:一般用医薬品としてドラッグストアで購入可能
睡眠サプリ:国が認める医薬成分が含まれていなければ、通販でも購入可能

 

分類が異なるので、買える場所も異なってきます。

 

 

睡眠薬⇒睡眠導入剤⇒睡眠サプリ

 

の順番で即効性があります。

 

 

用途

 

睡眠薬:1日、1日を確実に眠りたいという方が使うもので即効性が期待できます。
睡眠導入剤:睡眠薬と似ていますが、特に入眠作用が強いものを指します、寝つきが悪いという方向けです。
睡眠サプリ:食品と同じ扱いなので、睡眠に必要な成分を摂取し、体質から改善しようというものです。

 

 

睡眠へ誘う仕組みと副作用

 

睡眠薬

 

睡眠薬で有名なハルシオンは脳の働きを抑える働きがあり、
脳を睡眠モードにさせて、それにあわせて身体も睡眠モードに入ります。
副作用としては身体から効果が抜けにくいということ

 

日中でもぼーっとしてしまったり、めまいやふらついたりしてしまいます

 

 

睡眠導入剤

 

睡眠導入剤で有名はドリエルには、脳の中枢神経部分に作用します、
身体への電気信号を遮断する効果があり、それにより身体全体が睡眠状態と勘違いし、入眠に入っていきます

 

副作用としては、睡眠薬同様「持ち越し効果」と呼ばれる翌日のめまいやふらつきです。

 

【指定第2類医薬品】ドリエル 12錠

 

 

睡眠サプリ

 

睡眠サプリは、睡眠に必要な栄養素を摂取し、
体質から睡眠しやすい身体へ改善していくことができます。

 

食品と同じ分類なので、副作用もなく安心して使用することができます。
あえてデメリットを上げさせていただくとしてら、即効性はないということでしょうか。

 

個人差はありますが、体質からの改善を目指す目的で使用するので、
1日、2日飲んだだけでは実感が得られにくく、1週間、2週間単位でみていく必要がありそうです。

 

 

まとめ

 

寝つきが悪いという人は「睡眠導入剤」、睡眠全体の質が悪く即効性が欲しい人は「睡眠薬」
副作用なく、体質から改善していきたい人は「睡眠サプリ」と目的に合わせて使い分けていきましょう。

 

 

≪管理人体験済みおススメ睡眠サプリ≫



 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ