睡眠のことなら睡眠促進.com

睡眠薬(睡眠導入剤)の種類

睡眠導入剤
<PR> ネムリス-nemlis

 

 

薬が効き始めて、血液中の濃度が頂点に達し、濃度が半分になるまでの時間を「半減期」と呼び、
その時間の長短によって、睡眠導入剤の種類が4つに分けられます。

 

 

 

@超短時間作用型
睡眠作用時間:2〜4時間
主成分   :ベンゾジアゼピン系
代表的な薬 :ハルシオン
一般名   :トリアゾラム

 

 

 

 

A短時間作用型
睡眠作用時間:6〜10時間
主成分   :ベンゾジアゼピン系
代表的な薬 :デパス
一般名   :エチゾラム

 

 

 

 

B中間作用型
睡眠作用時間:20〜25時間
主成分   :ベンゾジアゼピン系
代表的な薬 :ロヒプノール・サイレース
一般名   :フルニトラゼパム

 

 

 

 

C長時間作用型
睡眠作用時間:30〜80時間
主成分   :ベンゾジアゼピン系
代表的な薬 :ドラール
一般名   :クアゼパム

 

 

 

 

睡眠導入剤を使用する際は、専門の医師に掛かり、
自分にあった睡眠導入剤を紹介してもらうのが良いでしょう。

 

 

 

睡眠導入剤は、よく眠れるようになる反面、
副作用も少なからずあります。

 

 

 

服用する量や自身の体調によっては、
意識が朦朧としたり、足元がふらついたり、
ろれつが回らなかったりという副作用も発生します。

 

 

 

また、睡眠導入剤を服用し続けると、徐々に身体が慣れてきます。
その後、途端に服用を止めると「反発性不眠」という不眠症に掛かってしまう可能性があります。

 

 

 

そのため、服用を止める場合は、医師の指導の下、
少しずつ量を減らしていくことが必要です。

 

 

 

睡眠導入剤は、長期的に服用するというよりは、
短期的に体調を整えるために服用するという目的で
服用するのがいいかもしれません。

 

 

 

 

私自身、睡眠導入剤も試したことがありますが、
やはりサプリの方が体にも良く、自然な睡眠効果が得られるのでおススメです。

 

 

 

 


 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ