睡眠のことなら睡眠促進.com

睡眠用音楽(BGM)の効果と適切な使用方法とは?

皆さんは睡眠時に音楽をかけて眠る派でしょうか?

 

私自身は無音でないと眠れない(と思っている)ので、音楽をかけて寝るなんてもってのほかですが、
適切な音楽、音量、タイミングなどが合わされば、リラックス効果が得られ、快眠に導いてくれるものもあるようです。

 

では、いったいどのようなBGMが快眠へ誘ってくれるのでしょうか。
一つ一つ説明していきます。

 

脳波の働き

 

何をもってリラックス状態とするかについては、脳波の働きが関係しております。
人間が普段感じている脳波は以下5種類あり、α波(アルファ派)がリラックス状態とされています。

 

γ波(ガンマ波):興奮状態
β波(ベータ波):通常状態
α波(アルファ波):リラックス状態
θ波(シータ波):眠気状態
δ波(デルタ波):熟睡状態

 

日常生活の際に感じている脳波がβ派(ベータ派)なので、
これをα波(アルファ派)にもっていくことが重要になります。

 

 

どのような音楽がα波(アルファ派)に近づけてくれるのか?

 

大きな音や雑音などは言うまでもなく、睡眠を妨げるものと想像がつきますが、
クラシック音楽などはリラックス効果がありそうというのは何となく感じている方も多いかと思います。

 

具体的な要素を紹介いたします。

 

テンポが遅い音楽
落ち着いた音楽
歌詞の無い音だけの音楽
曲調が一定

 

上記の要素が入った音楽は快眠効果があると言えるでしょう。

 

タイミングは?

 

就寝の30分から1時間前から流しておき、
タイマーで途中で止めるようにしておけば、尚節約効果もあるでしょう。

 

 

ではどのような音楽が良いのか

 

最近ではyoutubeなどでクラシックや快眠の音楽を聴くことが可能ですが、
パソコンやスマホなどで聴くとブルーライトなどの影響で逆に睡眠の妨げになってしまう可能性もあります。

 

私自身実践しているのは、CDプレイヤーなどに睡眠用の音を入れて、外部に音の漏れないヘッドホンなどで聴くようにしています。
おすすめはこちらのCDです。クチコミも多く信頼がおける音楽かと思います。

 

究極の眠れるCD

 

ヘッドホンではなく、枕の中から音を出す形も人気があるようです。

 

Oittm 薄型ピロースピーカー マット型 まくら 安眠 コンフォート 枕用スピーカー ステレオ 音楽再生 クッション APP対応 目覚まし時計 睡眠検測 携帯便利 iPod iPhone スマートフォン MP3プレーヤー等対応 グレー

 


 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ