睡眠のことなら睡眠促進.com

睡眠時の騒音対策

人の睡眠に影響を与える騒音度合とは?

 

うるさい環境と静かな環境、どちらが眠りやすい環境と言えるでしょうか?
答えは明らかで100人中100人が「静かな環境」と答えるでしょう。

 

それほど人は睡眠時の音に敏感なのです。

 

ではどれくらいの音で人は睡眠に影響が出るのでしょうか。

 

一般的には「40db(デシベル)」以上の音があると
入眠しにくくなったり、睡眠中の覚醒回数が増えたり、睡眠が浅くなったりなどで、
朝起きた時に熟睡度が得られなくなってしまいます。

 

スマホのアプリなどで騒音度合を調べられるものもあるので、
自分の部屋のうるささを調べてみても良いかもしれません。

 

騒音対策

 

遮音性のカーテンに変える

外部の車やバイクの音で起きてしまう場合は、遮音性のカーテンに変えることをおススメします。

 

室内で敢えて音を出す

空気洗浄機やサーキュレーターなどを敢えて「強」で運転することで外部の音をかき消してもらいます。
人は発生源の分からない突発的な音よりも発生源の分かるリズムのある断続的な音の方が安心する特性があります。

 

ベッドの位置を変える

隣人が夜中に騒いでいるなどの場合、自分の室内にも音が響いてしまうので、
その音がする側にベッドがある場合、逆側に移動させるなど工夫が必要です。

 

耳栓をする

一般的な対策ですが、耳栓をすることで外部の音を断ちます。その場合、目覚ましはバイブレーション機能のあるものを使いましょう。

 

 

最適な耳栓とは?

 

耳栓も様々な種類があり、自分にあったものがどれか判断がつかないかと思います。
それぞれ特徴を紹介させていただきます。

 

フォームタイプ

付け心地が軽く、遮音性も高いので長時間の使用に向いてます。
使い方としては、指先でつぶし、耳の穴にいれ、素材が反発することで耳の中を密閉します。
一般的なスポンジ耳栓ですね。

 

フランジタイプ

ゴムやシリコンをもとに作られており、強い耐久性や耐水性を兼ね備えております。
水に強いので、洗うことで何度も使用可能です。形状としてはヒレが段状に重なっており、遮音性が高い製品です。耳栓に棒がついているので、着脱が容易となっております。

 

シリコンタイプ

粘土のようなシリコンを使っている製品です。他の耳栓と違い、耳穴自体を塞ぐことで音を防いでおります。
若干遮音性は弱いですが、必要な音(目覚ましなど)は聞こえるようにしたい場合は丁度良い製品となっております。

 

 

特性が分かっても結局自分にはどれが合ってるか分からないという方も多いかと思います。
そういった方は様々な種類を試すことで自分に合うタイプを探すと良いかもしれません。

 

私自身、こちらの商品で自分にあったタイプを探し、新しく耳栓を買う際にはそのタイプで統一しております。ぜひ参考にしてみてください!

 

MOLDEX 使い捨て耳栓 コード無し お試し8種エコパック ケース付 (Camoplugs Sparkplugs Goin'green Meteors Softies Mellows Pura-fit 各1ペア)

新品価格
¥310から
(2018/3/24 11:07時点)

 


 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ