睡眠のことなら睡眠促進.com

レコーディング快眠法

 

厚生労働省の報告(2012年まとめ)では、不眠に悩む日本の成人割合は約35%、不眠症(軽度以上)は約10%、不眠症(中度以上)では約7%ともいわれています。

 

そんな14人に一人が不眠症と診断される世の中で改善策の一つをご紹介します。

 

 

まずは、自分の睡眠パターンを知る

 

皆さんは生活リズムがある程度固まっていますか?

 

ルーティンに近いような生活を送れるご職業の方であれば、就寝時間・起床時間は決まっていると思います。

 

しかし、不規則な生活リズムが日常となると、1日に何時間睡眠時間をとれるかだけを気にして、就寝時間・起床時間を気にしなくなってしまいます。

 

 

その生活を続けていると、非常に危険です。不規則な生活リズムは、体内時計の乱れをもたらし、不眠を招く原因にもなります。
そこで、皆さんご自身の睡眠パターンを把握し、乱れた睡眠の週間を矯正していくというのが、
レコーディング快眠法」です。

 

 

レコーディング快眠法とは?

 

レコーディング快眠法とは、今の睡眠の状態を記録(レコーディング)することから始まります。
別名「睡眠日誌」とも呼ばれ、以下の項目を毎日記録します。

 

 

・何時にベッドに入ったか

 

・何時に寝付いたか

 

・何時に目覚めたか(夜中に目覚めたものもちゃんと記録されます)

 

 

不眠だな…と悩んでいる方、まずは自分の睡眠を記録し、睡眠パターンを知ることからはじめてみましょう。

 

これらの記録をつけていれば、不眠の悩みで睡眠外来へかかる時も、お医者様に見せることでより効果的かつ具体的な診断をしていただけることもあります。

 

 

自分の睡眠を客観視する

 

実際に、記録を続けていくと浮き彫りになってくることが多々あります。
「寝付くのにこんなに時間がかかっているのか」や「夜中にこんな頻度で目が覚めているのか」などです。

 

 

寝付けないことが日常茶飯事になってしまうと簡単に寝付けないことが当たり前になってしまうので、ご自身では気づきにくくなってしまうものです。
そういったことも客観的に把握できるようになるためにも、レコーディング快眠法は効果的な方法ではないでしょうか。

 

 

睡眠効率を計算する

 

レコーディング快眠法で、ご自身の睡眠がある程度把握できたら、
次は、「睡眠効率」を計算してみてください。

 

 

睡眠効率(%)=睡眠時間÷ベッドにいた時間×100

 

 

この場合、ベッドにいた時間とは、寝付いた時間ではなく
ベッドに入った時間から起きた時間までのことを言います。

 

 

睡眠効率が85%以上になったら、しばらくその睡眠を続けましょう。
この状態が安定すれば、それがあなたにとってふさわしい睡眠時間ということが言えます。

 

 

ベッドにいる時間がいくら長くてもそれは無駄です。
10時間ベッドにいても、6時間しか眠っていなければ、それは睡眠効率60%ということになりますから。
皆さんも、レコーディング快眠法で、理想の睡眠時間を見つけ、さらにご自身でコントロールすることで、よりよい人生を送りましょう。

 


 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ