睡眠のことなら睡眠促進.com

入眠時ぴくつき(ジャーキング)

眠り始めた時にビクッとなる症状とは?

ウトウトして、眠り始めた時、体の一部がビクッとなる症状は多くの人が経験している事だと思います。

 

学生の頃、授業中につい眠ってしまい机をガタっと蹴ってしまったり、通勤時の電車内で座っている時、
足がビクッとして隣の人に横目で見られたり、様々な場面で起こる事だと思います。

 

 

これは人間の生理的現象の一つで、「ジャーキング」や「入眠時ぴくつき」、「入眠時ひきつけ」と言って、れっきとした医学用語なのです。
この現象は、幼少期の頃あまりなく、中高生以降や大人になってからが多く、6割から7割の人が経験しています。

 

 

同時にフラッシュのような明るい光を感じたり、上から下に落下するような感覚を覚えたり、
というような幻覚・夢などの異常な感覚を伴う事もあります。

 

 

ビクッと体の一部が動くことがなく、これらの異常感覚だけが起こる時もあります。
普通は筋肉のぴくつきや以上感覚以外の症状は無いのですが、時にはベッドパートナーを蹴ってしまうなど、打撲するほど強く何かにぶつかったりし痛い思いをした経験をしたことがある人もいるかと思います。

 

 

発生する回数は、1回だけだったり連続して起こる場合もあります。
これは私たち人間だけはなく、犬や猫などにもみられる現象です。

 

 

なぜこんな現象が起きるの?

睡眠は一般的には、脳の休息と体のメンテナンスのための睡眠であるノンレム睡眠から始まり、
その後に体は眠っているのに脳が起きているレム睡眠に移行します。

 

 

ウトウトし始め、ノンレム睡眠に入ると、脳は徐々に休息した状態になり、
同時に全身の筋肉が弛緩した状態になります。

 

 

覚醒状態から睡眠状態に入るこの境目の瞬間に脳の働きが不安定になり、
動きづらい体に間違った指令を出してしまうことでこの現象が起こると言われています。

 

 

体がひどく疲れている時や大きなストレスを抱えてい時、寝心地の悪い姿勢で寝ている時に発生しやすく、
最近では、眠り始めて全身の筋肉が緩み始めた状態を脳が「高いところから落下している」と勘違いするため、この現象が起きるとされています。

 

 

現象を抑える対策は?

入眠時のぴくつきは多くの場合、時間が経過すれば自然と無くなりますが、
ぴくつきの回数が多かったり回数が多かったりして、寝るときに気になったり不安に思ったりして睡眠障害を起こす人もいます。

 

 

夜の激しい運動や刺激物を控えて、眠る前にはリラックスを心がけると良いようです。
リラックス効果のあるアロマを暮らしの中に取り入れると良いと思います。

 

 

アロマの香りで交感神経の働きを抑えて副交感神経の働きを優位にし、
自律神経の働きを整えて心と体をリラックスさせてください。

 

 

そうすることで快適な睡眠をサポートしてくれるはずです。
また睡眠と覚醒のパターンがバラバラだとぴくつきが起こりやすいとも言われてるので、
規則正しい生活を心がけると良いようです。

 

 

また肉体的疲労回復には入浴やマッサージ、朝に太陽の光を浴びることのよる体内時計の正常化などが効果的で、
精神的疲労回復にはリラックスできる音楽を聴いたり、笑ったりすることが効果的です。

 

 

まとめ

ぴくつきの原因やその対策を見ていくと、人間にとって最も大事な事の一つである睡眠の質をあげる事にたどり着きます。
ぴくつきの回数や頻度が多くなったら、自覚していなくても、体が何らかのストレスを感じていると言えます。

 

 

リラックスする工夫と質の良い睡眠をとるように心がけましょう。


 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ