睡眠のことなら睡眠促進.com

二度寝のメカニズムとは? | 睡眠促進.com

二度寝
<PR> ネムリス-nemlis

 

 

二度寝は気持ちよくて、休日などに二度寝する方は多いと思います

 

私のそのうちの一人ですw

 

 

 

 

しかし、実は二度寝は身体に良くないという研究結果がありますので、
ご紹介いたします。

 

 

 

 

二度寝は睡眠の浅いレム睡眠の状態に発生するといわれています。

 

 

 

 

通常、人間は約90分周期でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返していますが、
自然に目が覚めた後、また寝てしまうとこの90分サイクルを崩してしまい、
一日中だるさやぼーっとした感覚を引きずってしまいます。

 

 

 

また、目覚まし時計のスヌーズ機能で起床している方は
短時間に何度も睡眠と起床を繰り返すため、脳に負担がかかり、
1日の活動に支障をきたしてしまうかもしれません。

 

 

メカニズムはこうです。

 

 

睡眠後、身体が覚醒する際に脂肪をエネルギーに変える「コルチゾール」が体内から分泌されます。
この作用で血糖値が上がり、起床の準備を整えてくれます。

 

 

 

しかし睡眠のリズムが崩れたり、起床時間がいつもより遅くなってしまうと、この分泌量が少なくなり、
身体が低血糖状態になります

 

 

 

低血糖状態になると、だるさやボーっとした感覚につながり
1日をすっきり過ごせなくなってしまいます。

 

 

"石原務などによる研究により、
「浅い睡眠状態であり、聴覚などが浅く遮断される。その結果、身体が浮き上がるような快感を得ることができる。」
というメカニズムがあるとされた。"
※ウィキペディア参照

 

 

 

これが二度寝の誘惑に繋がっていくそうです。

 

二度寝が気持ちいいですが、
自然と起きた時間に起床する習慣をつければ一日をすっきり過ごせる回数が増えていくでしょう!

 

 


 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ