睡眠のことなら睡眠促進.com

睡眠と肩こりの関係 | 睡眠促進.com

睡眠 肩こり
<PR> ネムリス-nemlis

 

 

よく眠ったはずなのに、朝起きると体がだるかったり、肩が凝ってたりする人も多いと思います。

 

 

その原因はいったい何なのでしょうか?

 

 

 

 

一般的に、人は寝ている間に20回〜30回程度寝返りを打つと言われています。

 

 

 

その時に体の一部に負担が掛かってしまい、だるさや肩こりに繋がっていきます。

 

 

 

特にうつ伏せで寝るのが癖になっている方は首にも負担が掛かっているので、
より負担が多くなります。

 

 

 

負担が大きくなれば血流も悪くなりますので、
体がガチガチに固まってしまいます

 

 

 

そんな症状を軽減してくれるのが寝具です。
特にがその役割を果たしてくれます。

 

 

 

自分に合った枕を探し、肩に負担の無い睡眠を心がけましょう。

 

 

 

まずは最適な枕の高さを調べていきます。

 

 

一番簡単なのは、家にあるバスタオルやお手拭きタオルなどを重ねて、
高さを調整し、実際に寝てみてストレスの無い高さを調べましょう。

 

 

 

枕の位置は頭というよりは首の下に置くようにしましょう。
首の下は山形のなだらかなカーブになっているので、
枕の形としては円筒状の物を選ぶようにしましょう

 

 

 

また敷布団は固めのものを選ぶようにしましょう。
柔らかい布団では体が沈みすぎてしまい、逆に体に負担が掛かってしまいます

 

 

 

その他、就寝前にストレッチを行うことで
筋肉をほぐし、血流を良くすることができます。

 

 

 

肩こりに悩んでいる方は試してみてください!

 

 

 

 


 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ