睡眠のことなら睡眠促進.com

歯ぎしりとは?

睡眠時に歯を食いしばったり、歯ぎしりをしたりすることを専門用語で「睡眠時ブラキシズム」と言います。
これは口腔内悪習慣の1種です。

 

睡眠が浅かったり、お酒を飲んだ後熟睡できていない時、または睡眠時無呼吸症候群で無呼吸の際に
歯ぎしりをする例が多いようです。

 

歯ぎしりをすると何が良く無いのでしょうか。

 

<歯ぎしりで引き起こされること>
■歯が欠ける
■詰め物が取れる
■顎関節症になりやすくなる
■頭痛が起こる
■歯ぎしりの音で家族に迷惑をかける

 

ストレスによって引き起こされることも多いため、
生活習慣を見直し、ストレスを軽減するように心がけましょう

 

どうしても歯ぎしりがひどい場合
マウスピースを使うことで、歯の負担を減らすことができます。
保険も適用になるので、気になる方は歯医者で相談してみましょう。


 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ