睡眠のことなら睡眠促進.com

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に呼吸が止まったり、低呼吸に陥ったりする病気です。
英語表記のSleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」と言われることもあります。

SASの定義
「無呼吸・低呼吸指数」(apnea hypopnea index; AHI) が5以上かつ日中の過眠などの症候を伴うときを睡眠時無呼吸症候群とする定義が多い(米国睡眠医学会の提唱する基準より)。
ここでは

 

無呼吸
口、鼻の気流が10秒以上停止すること。

 

低呼吸
10秒以上換気量が50%以上低下すること。

 

無呼吸・低呼吸指数
1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせたもの。

 

を指す。

 

なお、この定義には当てはまらないものの低呼吸状態を繰り返して不眠を訴える場合があり、その場合も睡眠時無呼吸症候群と同様、患者のいびきや歯ぎしりがひどい場合が多いため「いびき・歯ぎしり不眠症」と呼ばれる。

※wekipedia引用

 

睡眠時無呼吸症候群の場合、日中に強い眠気や倦怠感、頭痛などを生じる場合があり
日常生活に支障をきたしてきます

 

原因としては、「肥満」が多く挙げられます。
首や喉に脂肪が増えてくると、呼吸する際の気道を塞いでしまい呼吸がし難くなってしまいます。

 

また肥満でない方もストレスが溜まってくると、
身体が通常時よりも酸素を必要としてくるため、睡眠時に口呼吸になりやすくなってしまいます。
口呼吸は舌の位置が下がり、気道を塞ぎやすくなります。

 

アルコールも筋肉を弛緩させやすいので、気道確保の面ではNGです。

 

そうすると舌の位置が下がってきて気道を塞いでしまい、
低呼吸に陥ってしまいます

 

逆に肥満とは無縁のように思えるモデルのような小顔の女性
日本人特有の「弥生人型」の骨格の持ち主が多く、このような骨格の方は元々気道が狭く
少し体重が増えただけでSASになってしまうそうです。

 

現在、肥満体系の人は減量をアルコールを良く飲む人は控えるなど
改善を目指していきましょう!


 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ