睡眠のことなら睡眠促進.com

イビキと睡眠

 

睡眠時無呼吸症候群

 

睡眠時にイビキをかいてしまう人は、質の良い睡眠はとれておりません。

 

 

イビキは、何らかの原因で上気道(のど)や鼻が狭くなり、
息を吸ったり、吐いたりする際に、粘膜が振動して音が鳴っています。

 

では、なぜイビキが起こるのでしょうか。

 

大きく分けて5つの原因があります。

 

≪原因≫
@肥満
A病気
B老化
Cアルコール
D花粉症を含むアレルギー性鼻炎

 

イビキが酷くなると、『睡眠時無呼吸症候群』など、
深刻な病気にも繋がってきますので、早期の改善、治療が必要となります。

 

原因によって、改善方法は様々ですが、
簡単にできる改善策としては、寝る姿勢を仰向けから横向きに代えたり、
鼻腔を広げるため、点鼻薬や鼻腔を広げる商品(ブリーズライト等)をしてみると良いでしょう。

 

もちろん肥満の人は、ダイエットをしたり、
アルコールが原因の人は、量を減らすなどの努力は必要です。

 

 


 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ