睡眠のことなら睡眠促進.com

睡眠とニキビの関係 | 睡眠促進.com

睡眠ホルモン
<PR> ネムリス-nemlis

 

 

睡眠不足や睡眠の質低下で肌荒れが起こることは皆さんご存知だと思いますが、
具体的にどういったメカニズムでニキビができるのかお分かりの方は少ないかもしれません。

 

 

今回は睡眠とニキビの関係を説明していきます。

 

 

ニキビができる原因は主に二つあります。

 

 

@睡眠不足によるストレスで自律神経系の交感神経が優位になり、皮脂脂肪が増える

 

A睡眠の質低下により肌の再生がうまく行われない

 

 

 

@については、
慢性的に睡眠不足や不眠症の方は、眠れないこと自体がストレスとなり、
毎日ストレスが蓄積していきます。

 

 

そのストレスが交感神経を活発化させ、男性ホルモンが増加することにより
皮脂が増え、角栓を詰まらせていきます。

 

 

それが後々ニキビを発症させます。

 

 

Aについては、肌にはゴールデンタイムがあるのですが、そのゴールデンタイムに
熟睡できない場合、新陳代謝がうまく行われず、肌が再生されないのです

 

 

一般的に入眠から3、4時間がゴールデンタイムと言われています。

 

 

 

@、Aに共通して言えることですが、規則正しい生活が大事になってきます。
眠りにつく前、3時間は食事を摂らない、お酒も飲まない、部屋は暗くして寝るなど
できることから始めましょう。

 

 

睡眠の質が上がらない方は、睡眠サプリなども試してみても良いかもしれません。

 

 

 

 


 
TOP 睡眠サプリ5種類の成分を比較! 不足しがちな睡眠成分を個別摂取 睡眠効果抜群!睡眠グッズ